車は雪には敵わない

車は雪には敵わない…

車は雪には敵わない…

北海道で自分の車を持ち、日々通勤等に使っていますが、
冬というのは憂鬱になる要因が多く、嫌な季節だったりします。
雪の降り始めは、それがとけてブラックアイスバーンになりやすく、これは本当に怖いもので、
何年運転をしていても、濡れて黒くなっている路面を見ると恐怖を感じてしまいます。
厳寒地であれば、危険なところはロードヒーティングが施されている箇所も多いですが、
近年は経費削減でそうした部分の予算も削られていたりするのも現状です。
渋滞の坂道でブラックアイスバーンに遭遇してしまったらもう泣きたくなる心境で、
後続車には迷惑をかけつつも停止しないようにノロノロと進むのが
手っ取り早い安全な方法だったりもします。
そして、大雪に見舞われた時にも本当にどうしようもありません。
大きな車で四輪駆動ならかろうじて進むことができるのかもしれませんが、
普通自動車や軽自動車では、除雪なしでは進むことすらできません。
ハードな勤務を終えていざ帰宅しようというときに、自分の車がすっぽりと
雪に覆われているのを見たときの疲労感というのも雪国ならではだと思います。
吹雪の時はもちろん、雪が降っていなくても、風が強ければ地吹雪に見舞われ
どんなに慣れた道でも方向感覚も距離感もつかめなくなるという恐怖も大きいものです。

日々の暮らしに欠かすことのできない車だったりしますが、雪に悩まされることが多いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ