中古車を購入する時は走行距離をチェック

中古車を購入する時は走行距離をチェック

中古車を購入する時は走行距離をチェック

当然中古車を購入する時に走行距離というのは誰しもチェックしていると思います。
もちろん中古車の価格というところに注目すると走行距離が長くなればなるほど
その車の価格は安く短ければ短いほど価格は安くなっていきます。ただある距離を
境にして走行距離が与える価格への影響はグッと大きくなると言われています。
それが5万キロです。イメージとしては走行距離が長くなればなるほど安くなると
いうのは間違いありませんが5万キロを超えるか超えないかによっても何か別に
査定の基準があるというような感じです。この影響は走行距離が4万キロから
6万キロ台までの車の価格に顕著に表れていると言われています。例えば同じ
5000キロという走行距離の違いがあったとしてそれが4万キロの範囲なのか、
4万キロと5万キロをまたいでいるかによって価格差が大きくなったりします。
同じ5000キロという走行距離の違いでも後者の価格差が大きいのです。
しかし、実際にその車に5000キロの走行距離の差がそこまで影響を与えているかと
言えばそこまで与えていないと言えるでしょう。その程度の走行距離の違いであれば
距離うんぬんよりも年式に照らし合わせた走行距離やどれだけ大事に乗っていたのかと
いうことのほうが大きな影響を与えていると言えるでしょう。走行距離である程度の
車の状態を判断することができるのも事実ですが、寿命を考えるなら走行距離と合わせて

メンテナンスの記録などにも注目しておいたほうがいいでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ