寝る前の行動

寝る前の行動

寝る前の行動

なかなか自分の思い描いている睡眠をちゃんと取れているという人は少ないでしょう。
どうすれば納得のいく睡眠を取れるようになるのかを考えた時にまずは寝る前の行動を
思い返してみるのが役に立つかもしれません。眠れない原因の一つに睡眠を妨げることを
寝る前にしてしまっているという可能性があるからです。例えば寝る前にお風呂に入ると
寝付きが良くなると言われていますが、その時にお風呂の温度が高すぎると逆効果です。
例えば42度とか43度とか熱めのお風呂に入ってしまうと眠れなくなるそうです。
高くでも40度以下に設定しなければいけません。また、最近はスマートフォンや
タブレットなどが急速に普及していますがこういった類のものを寝る前に操作していると
眠れなくなると言われています。このようなデジタルディスプレイから発せられる
ブルーライトは体内時計を狂わせてしまうのです。なので寝る前に操作すると体が
まだ眠る時間ではないと判断してしまって眠れなくなってしまうそうです。どうしても
寝る前の時間帯にこういった機械を操作したいという場合にはブルーライトをカットする
メガネが販売されているのでそういった商品を購入することをオススメします。
一説では寝る前にスマホやタブレットを操作するのは寝る前にコーヒーを飲むよりも
睡眠を妨げる効果が大きいと言われています。このように眠れない日が続いた場合などは
寝る前の行動を一度見直してみてはいかがでしょうか?

寝付きを良くする方法


ホーム RSS購読 サイトマップ